Chicken Climber Blog

クライミング覚書。

瑞牆2017.6.10

同級生の子供を持つ村さん起案で、三人で瑞牆へ。
三人だからと車はスイフト。僕のマットは乗りません。
マット2枚にぎゅうぎゅうにされながら駐車場へ。

青い日を見に行こうと、大面岩下エリアに向かうがアプローチきつすぎ。
サンセットボルダーの比じゃないわ。
通り過ぎた、雷帝に興味を引かれました。
思う壺面白そーと、そろそろ着くかと思いきや、まだ着かず。
やる気そがれました。

【指人形:初段】敗退
スタートをヒールでしている時点で詰んでいる気がする。
ランジ前の左右の薄カチが今日は持てず敗退。
足上げはうまくいくようになっていた。

【赤い月:2級】敗退
マットが足りません。初手の飛び出しの時、ヒールのスタックが心配で飛び出せず敗退。
初手のガバに明らかな巣。鳥的な巣。
中に何もいなかったので、ジョンに掻き出させました。
(※翌週また出来てたらしい。悪いことしちゃったな。)

【青い日:二段】敗退
スタートは出ました。
問題はリップ取りです。
遠い。果てしないわ。
あんまり語るところがないくらい惨敗。

気持ち良いくらい敗退して、下山途中のB岩で止まる。
この初段、背中で持っていくやつですね。
好物です。

【B岩無名:初段】敗退
スタートの足は案外踏めるが、二手目のランジに出るにはフリクションが良くない。
目当てってわけではないので、早々に退散。
シーズンならすぐ終わりそうな気がします。

【B岩無名:2級】完登
この岩、基本的に狭い。リップ取りが核心かな。
何とか完登。

B岩で戯れていると、少し上に丸い岩が。
おそらく、マントル一発課題があるんだろうなと思っているとあれが「DKマントル」らしい。
村さんと二人で見ると、なんだか出来そう!
ってことで取り組み開始。

【DKマントル:初段】完登
右手の飛ばしが核心。深いけど、向きが悪くて持ちにくい。
最後のガバに右手が止まるも、浅くて今にも切れそう。
何とかビリーブして完登。
これは嬉しかった。

以前から探していた、狆穴子の捜索へ。
先々週、ヨッシーが捜索したエリアにありました。。。


【狆穴子:初段】完登
登りやすい。でもDKマントルより便数出したかも。
全体的にレイバック気味にあがるのがコツかな。


そんなこんなで、温泉の時間になり撤収。
皇帝も少し触って、いい感じだったのでまた触りたいな。
なかなか成果があって、いい日でした!天気持ってよかった。

瑞牆2017.5.27

当日未明までの雨により、到着時はあまりいい状況ではなかった。
岩偵察がてら、チンアナゴを探すが見つからず。。。
花畑の上流?知っている人に今度聞こう。

乾くまでアップがてらに桃岩の5級に取り付く。悪い。
普通に敗退した。岩の状況も良くないが、今日は自分の調子も悪そうだ。

【夜を待ちながら:2級】敗退
粘ればできた。上部のカチマッチが上手くいかず敗退。
右手は下引きのカチでスタートし、初手を取って右足クロスをしてからスプレー持ちに持ち替えする。
立ち上がってのカチ取りまでは左の一本ポケットを引くとスタで右手を出せた。
両端が持てるらしい。再度チャレンジ。

【指人形:初段】敗退
スタートのマントルは、セットをヒールですると上がりやすい。
ただ、ヒールのままアンダーガバまで行くと、リーチが足りず突っ張れないため、薄カチでヒールからトゥに置き換える。
トゥに置き換える際は、左足を少し真上にしならせて左足を置くスペースを作る必要があり、ここがキツイ。
トゥに置き換えられれば、マントルを返した右手を、手のひら二枚分ほど上に送る。
右足をスタート左足の棚の右端上部にスローパーっぽい膨らみがあるので、一旦そこに乗せる。
その足で、プッシュしている右手をその15cmほど上にある、小指の爪くらいの膨らみを親指で押し、右足をスタートに置く。
アンダーガバをマッチし、左手で薄いカチをガスで止める。
右手をサイドカチに移し引きながら、初手に左足を上げる。
残念ながら、左右ともに持てない薄いカチなので足でしっかり立っていることが必須条件となる。
飛び出しのコツは、左足に乗って行きつつ真上に飛ぶこと。リップは叩けば指が巻きつく。

十六夜:初段】敗退
スタートすらできず。靴のチョイスが悪すぎた。固めのエッジングがよく効く靴で再挑戦。。。

【ランジ:5級】完登
両手・両足ガバから利きのいいリップに飛び出す。右足に乗り切れば距離は思った以上に出る。
ドラマ部分など色々な撮影をして、結局3回くらい登るが気持ちいい。


外岩でのランジ課題ははじめて落とし、快感に目覚めた気がする。今後は級ものからでも手をつけてみよう。

瑞牆2017.5.20

帰れま10で久々の瑞牆へ。
GWでの恵那での散々の結果を受けて、何かしら成果が欲しい、それであればいけそうな初段を打とう!
いけそうな初段って何だ?カラクリだ!ってことでカラクリスタート。

【カラクリ:初段】敗退
久しぶりだけど、こんなにスタート悪かったっけ?
初手取りまでに5・6便出す。
リップに出てからは案外、サクッと思い出したんですが最後のガバに飛び出す前の右手ピンチがぬめって持てない。
悔しいけど、深追いはやめよう。後もあるし。

【日々の暮らし:1級】敗退
普通の日の合間に触って、感触の良かった記憶。
面白い課題なので、真剣に落としにかかりました。
最後のリップ取りを、左手のランジで決めようと何度も飛びつくも失敗。
ヨレヨレで最初からは出来なくなって、パー練で右だしを試すと1発で止まる。
やってしまった感が強い。

【花畑:初段】完登
このままではいかん。成果なしは勘弁と、巷にはびこるお買い得情報から花畑に向かう。
初めてのエリアで、なかなか雰囲気が違って気持ちがよかった。
取り組み。
初手遠っ!
リーチ無い民からすると、お買い得感は無かった。
ただ、チャボクラの成果が出たと思う。
ダブルトゥからの寄せは、一度だけ狙いをはずして落ちたが、二回目は止まりそのままトップアウト。
取り組みやすくは有るかな。

【羽音:初段】敗退
もはや、シューズもはけないくらい疲れた状態で岩探し。
花畑の向かいにすぐありました。
核心はスローピーな棚に足を上げる箇所かな。
面白い課題でばらしは出来たものの、疲れて敗退。


初段1本なら体裁は保てたかな。
カラクリはまた今度でいいや。と思った瑞牆でした。

恵那2017.5.3-5

GWの恵那ツアーに帝国軍からお誘いがあったので乗ってみました。
GW中につき、4時半ピックで到着が12時過ぎ着という運転手殺しの道中。
パイセンはぐったりしてたなあ。いつもありがとうございます。

恵那は高い岩が多いとは聞いていましたが、実際大きくて結構圧倒されました。
最初に名前が好きな坂の上の雲に向かいました。
あんまり読んでないくせに司馬遼太郎ファンな私です。
同郷だし。

坂の上の雲:初段】敗退
下部は手がポジティブで、グリグリ進みました。
核心一手前の縦カチ取りはキョンで解決しましたが、右手が思っている以上にフラットで、核心の一手は出ず。
みんなは悪いところにヒールをかけるみたいだけど、背中から落ちて一瞬息が止まったので不採用です。
デッドで出るほうが、落ちるときの向きがコントロールできて安全かな。
かっこいい岩のかっこいいラインなので、次の機会には登りたいな。

パピヨン:3級】完登
序盤が狭く、苦労しました。
カンテに出てからのラインは良くわからないのですが、レイバック気味に効かせながら登るいい課題でした。

【リストラ:2級】完登
長いトラバースはお手の物と取り付くも、最後に電池切れ。
スラブ部分に入っての右手をアンダーガバ・左の立ちこみで終わる箇所で足のミシンが止まらない。
初めて足をシェイクしていました。滑るな滑るなと、祈る気持ちで立ち上がりなんとかトップアウト。
立ち上がった瞬間からミシンを再開する足、めちゃ怖かった。

初日はここで終了。
民宿でたらふくご飯を食べ。お父さんとふーみんと大富豪をして就寝。
全員、イビキかいてたな。

二日目、E藤さんは体調不良で病院に行くとの事。
ムム、心配だ。

スタートはふーみんいわく体感4級のジュワワ。
だまされたと思って行って、見事にだまされた。
ちゃんと段物じゃねーか。このパターン何度目なんだ。


【ジュワワ:初段】敗退
スタートの立ち上がりがきつい。
ピンチで持ってたけど、後で聞くとカチ持ちして脇でロックするらしい。
次は行けると思います。

【エル:3級】完登
ジムチックで楽しい。見えないホールドに飛びつくのは少し怖いけど。

【エルム:3級】完登
エルより簡単か?ダイナミックさはないものの、気持ちの良い課題でした。

【エルル:2級】敗退
悪い。エルムと同じスタートだけど、ハング下でのトラバースが悪い。
ムーブしっかり出さないとだめだな。

【エキドナ:初段】敗退
初手は何とか。二手目のカチは僕には見えませんでした。
足が狭すぎてキョンなんか決まりませんでしたよ。
この辺から恵那グレードの悪さを体感し始める。

この後、ツクル返しの岩(?)を捜索、隊長が凄い下まで見に行ってるうちにGPSで発見。
ひどいな。悪びれてない。
トラバースも何も登れず二日目終了。

旅館でダラダラ、大富豪はしなかった。
というより、旅行にトランプ持ってくるお父さんのお茶目さたるや。

三日目、E藤さんを病院に送り里エリアへ。

【ゾチック:1級】敗退
スタートのカチの持ち感命だと思う。
シーズンに打てれば一撃か・・・。
スタートすら出来てないんだけど。

【その横の2級】完登
隊長が最初に登って、メンバー全員燃え上がる。
バランシーで面白い課題だった。

幾何学:初二段】敗退
フィジカルが足りない。
このあたりから、クライミングは筋肉と思い始める。
ふーみんの最後のトライ惜しかったな。
いい岩だと思うけど、まだまだ僕は実力不足だな。

【時計回り:初段】敗退
懲りずに小山田初段にとりかかる。
寝た状態でスタート、最後は悪いマントルを返す面白そうな課題。
足が抜ける。
何度も足が抜ける。
トゥじゃないのか?奥を踏むのか?

!?もしかして!?

今のところ、フットジャムが正解なんじゃないかと。
やったこと無いため、今回はこれにて退散。

【ブロゴス:3級】完登
リップ二手前のカチがぬめって何度もFALL。
社長みたいにパンパンしてチョークアップしたら登れました。

【巻き込みスラブ:2級】完登
スタート核心。よくあそこに足を上げたと思う。


ペンギン岩を覗くも、先客がいるので本日はこれにて撤収となりました。
恵那辛いけど、また行きたいな。
遠いから年1だろうけど。。。

チャボクラ・股関節の使い方

今日は岡Tでチャボクラ受けてきました。
主に股関節の使い方がでしたが、力を込める踏み込みかたを教わりました。

骨盤と股関節の構造、トレーニング方法等を教わり大変為になる内容でした。

インナーマッスル、こんなに使えてなかったのかと思うほどちょっとしたトレーニングがキツい。

地道に続けて何とかモノにしたい。モノに出来れば今できないことが出きるようになる、そんな気がします。

いろんなスポーツの姿勢だったり、分かりやすいイメージとか、知見として目から鱗な一時間半でした。

備忘録として、要点をまとめると

股関節に乗っている姿勢を覚える。
腕を引くときは肩甲骨の位置が大事さ。
利にかなった体の使い方をする。
間接を極めて使う筋肉をコントロールしないと。

です。

ランジとか距離延びそうな気がする。
続けよう。

2017合宿2日目

前日の夜に雪が降って心配されましたが、どうやら大丈夫そうということで岩場へ。
そうは言っても、これだけは濡れてないだろうと石の魂へ。

【石の魂:1級】敗退
右脇があいてしまい、左手がポケットに収まらず。
固まってないのが敗因です。
フィジカルや技術的なところより、めちゃくちゃ寒くて十分に体が温まらなかったのが直接的な原因ですね。

【石の魂ランジ:初段】敗退
足寄せると悪い!右手をカチに返せないかな?と思案中。
おそらく無理だけど。


寒すぎるのと、バランシーな課題でアップが出来ないと思いファンタジー岩へ移動。


【モルボル:初段】完登
一年前、「カツヲは得意系」と勝手に宿題にされた課題です。5トライくらい10分ほどで登ってしまいました。
今となっては、得意も何も全部持てるんですけど、乗れるんですけどの俺強くなってる状態。
気持ちよく完登できました。

モルボル初段



帰ってからベヒモスのスタートからモルボルに合流する「ファイナルファンタジー:二段」がどうやらお買い得との噂を聞いたので今度、いただきに行きたいです。
お買い得でも二段は二段ですから。

【スークープオンサムバディ:4級】敗退
4級だとなめてかかると何にも登れないんですよ。今回もノーバディで終了。面白い課題ではあるので、集中して登りたいところです。次回DAY3です(笑)

【ホワイトティアーズ:4級】完登
動画はないですが、バランシーでいい課題でした。右手マッチの見えないキョンと、左カチを取るムーブは壁から出ないように取るところがたまらなく面白かったです。

【B岩右:3級】敗退
3級にしては悪い。キョンで悪いポッケを取ったまでは良いですが、上部のカチを取ったところでヨレ終了でした。


帰りはパノラマ温泉でホッコリしてから帰路へ。
道中落ちちゃってコニタン申し訳なかったね。

今回も楽しく登り倒した2日間でした。
夜の飲み会も楽しく、今の時点から来年も楽しみです!

2017合宿1日目

先週末は年に一度の大岡山合宿。
ひたすらに楽しかった思い出と成果を忘れないうちにと、まとめております。

石楠花にみんな用事があるようなのでスタートは石楠花エリアへ!

【飛沫:二段】完登
周りにいい感じのアップできそうな岩が無いのと、あまりハードな動きで無いのでやってるうちにあったまってくるであろうとトライ開始。

4便目、まさかの完登。

当初、想定していたムーブはポケット取り前に足を右側に送る感じでしたが、体が上がらなかったので岩に張り付いてポケットに右手を出すときれいに取れちゃった。
ここまできたらと右ヒールを振り上げるとしっかり利いて、後のマントルは御岳のマルガリより簡単でした。

自分としてはきれいなマントルだと思ってましたが、動画を見ると、そうでもない(笑)しかも、右ポケめちゃくちゃ持ってる(笑)

飛沫二段


左足のトゥは反則並に易しくはなるんだけども、限定でもないし・・・
そういう事言いはじめたらムーブのオリジナリティってなくなっちゃうんじゃないかと。
あくまで通過点としての二段なので、これからもっと登ってやろうと思いました。

インスタ用に音楽入れた動画を作ったらなんだかそれっぽい仕上がりになったので良い記念になりました。

飛沫


最初の岩を見つめながらムーブ考えてる部分みたいなところを「(AVにおける)ドラマシーン」と個人的に呼んでるんですが、これが有るとストイックな感じが出て良いですね(笑)
二段以上は撮るようにしよう。

【瞳の奥:二段】敗退
KJに左足の置き方を教えてもらい、ふ
ーみんに足の上げ方を教わりトライ。

ぐぬぬ、届かない。

思い切り右に体重を預けているので体を捻れず足が届かない。
違う方法で体を安定させないと厳しそうですね。
そして地味に腹筋がヨレる課題でした。

スタートの左足から、右足に乗せかえるときは下ではなく横に押し付けるのがコツかと思いました。

【ミケ:二段】敗退
身長より高い位置に手が来ない。
これはやったこと無い動きなので、反省すらなく敗退。


二段を落として、石楠花のメンバーには一通り自慢したところで触ってみたかったドッ被り「バルカン」に移動。


【バルカン:二段】敗退
なめててすいませんでしたって感じの敗退。
初手のガバがまあ悪い。角度が意地悪なのか、届きはするけど次のムーブを起こすと抜けてしまう。
しかも、次の右ポッケがまあ遠い、高い。
根本的に実力不足でした(笑)


早々にこれは無いなとあきらめて、裏側のファルコに移動。


【ファルコ:初段】完登
一年前にギガントを登って、ガスまでのムーブは固まってたので余裕だろとトライ。
・・・狭い。良くこんなところに足上げたな。
しかし、一年前とは経験値が違うワタクシ華麗に右足をひとつ遠いスタンスに置き換えて核心部は通過、右リップも一発で止めて、後は寄せだけ!
そこで事件が、前回はそこだけやると余裕で通過していたところが出来ない><
割とまじめにパー練して何とか完登。飛沫よりも便数かかってしまいました。

ファルコ初段

【ファルコダイレクト:二段】敗退
右手の初手をガスで止めて、左手出しとなんとなくイメージできていたので距離感の確認と左ヒールの負荷がどの程度かと取り組んでみました。
「ん?出来なくはない?」というような感想でした。
二手目を取ってからのカチへの飛びつきは未体験ゾーンですがバルカンほど無理じゃない。
今度来たら取り組んでみようと思います。




雨も降ってきたのでギガントの前でゴロゴロダラダラ。
「あれ?みんなで来たのに何で俺一人なの?」
と、当然の気付きに至りせっせとビクターへ移動。
良かった、モウヒトリシ゛ャナイ。


【The Two Monks:二段】敗退
バランシーかつ手がシビア。ついでに手を出す代物じゃない。
やりたくなったらまた来よう。
社長の小指ポッケ生で見れて良かった(笑)

【ビクター:1級】敗退
ランジは届くようになったけど、そもそも左上の棚が一本で止まるのか。
さかもとさんはデッドだったんですよね、じゃあ俺もデッドで足残りそう(投げやり)
左足のスタートスタンスは真ん中くらいの結晶を巻き込むと距離が出るな。これは近くに来れば触ってみるという課題にしよう。深追いしても出来ないかもしれないし。

【コンケーブ:3級】完登
再登。核心の最後の足上げ、懐作って何とか上げたがその後のマントルでオーディエンスひやひや。本人は「左足切れたら死ぬな」のもっとひやひや。

コンケーブ3級



夕刻はみんなで黒豆岩でセッション(泥仕合
同時打ち上等、入れ替わり立ち代りで返せそうなマントルにいそしみました。

【黒豆:1級】完登
最後の芸術的なムーブ。泳ぎマントル。これに尽きます。


黒豆1級


初日はこれにて終了。
岩根山荘で食べて飲んで、元気な50歳と遅くまで騒いで未明に気を失いました。