カツヲの岩日記

クライミング覚書。

小川山2018.5.12

急遽、岩田丸から小川山への誘い(いざない)があり滑り込みでメンバーに入れてもらう。
小川山の仕掛かり案件は「石の魂」と「犬小屋」。
猛暑の予報ということで、朝と夕方に本気便を出すため昼間の無駄便を控えることを心に誓う。
駐車場着、まずは犬岩へ。

【犬小屋:二段】完登
アップとしてYMルーフを触る。(一度落ちたが)問題無さそう。後はリップ飛び出しの一手のみ。
そこができれば、もはやウィニングランの後半なので、ビデオを回しながらトライする事3便目。

出来た。リップとれた瞬間左手は切れたが、何も問題はなかった。
スムーズにトップアウト。
お買い得と言われても二段は二段。そういうものからでもいいので、限界グレードを重ねていきたい。

犬小屋

ティルと岩田丸はかなり苦戦。ティルは食指が動かない、岩田丸は本命の黄泉を控えているので石魂へ移動。
それまでの間、犬小屋直上をトライしてみたが、全く気配無く悔い無し。


【石の魂ランジバージョン:初段】敗退
一級にしろ、初段にしろ、どちらにせよスプレーの保持が重要。
スプレーもちに関して、色々アドバイスをもらうものの右脇が開いてしまいかなり厳しい様子。
しかし、真のスプレー持ちを会得すると、左足上げと飛び出しの両方が一気にできるようになった。
ピストル持ちと表現してる人もいたけど、そっちの方がイメージにバッチリだったな。

それから、発射を何度かするもヨレて右手引けずに敗退。
次こそはリスト入り決定。

久々の夕刻(SFT)は、ビックリするような好感触だった。御岳の夕刻前撤収はホントにそれでいいのかを考えさせられるような、好コンディションであった。

しばらく、子供の世話で外に行けなさそうなのが残念ではあるが、仕方ない。そう自分に言い聞かせよう。

裏御岳2018.5.5

今日こそミジラと朝からテンションマックスで直行。
GWでかなりホリ快が混んでいた。

【ミジララテスタ:初段】完登
御嶽駅からのアプローチだったため、まあまあ歩いて到着。
アプローチ前に速乾&圧着インナーの七分のアンダーアーマー(本来は野球用)を着ていたため、案外快適に準備。
マットを敷いて下から見上げると、やはり上部での恐怖が蘇ってなかなか踏ん切りがつかなかった。
アップできる課題もないので、下部で岩の状況も確かめながらトライ開始。

1便目で3手目のカチを持って降りてくる。
2便目で6手目のガバまで到達。心の準備が着いていかず、ひとまず降りる。

今日は調子がいい。何より、3手目のカチを置くときの足がスムーズに決まる。

続いて3便目、全てのムーブが想定通りに綺麗に決まって行く。
あれよあれよと、遠い8手目のガスに到達。ここからは突っ込むしかない。

左足は前回、確認したスタンスに足を落ち着いて置けた、ニッシーに手首で効かせれば持てると教えて貰ったカチ(ガバ?)もしっかり効いた。
しかし、ここで足が上がらない。右手下のカチまでは到底上がる気がしないので必死に右側を見渡す。ここに置きたくないと思っていた棚を見ると数ミリのカチが見えた。すがる思いで足を置く。
下部なら何ともないムーブと何ともないスタンスだが上部、ノースポッター(友達いない)の僕にとっては訳が違う。

抜けるなと祈りながら、右手を寄せる。














ガバカチじゃーん。
後は、左手をラップで持ってマントルと伺っております。
左手を伸ばす。





ん?ラップ?何言ってんの?ここでの嘘情報とか、人を殺めるのと同意義だよ。正直覚えていないけど、左手の良くわからないカチを良くわからない感じで激持ちして右足をリップ上に。
ここからは、腰がのっているからそうでもないと伺っております。








その通りでした。
あんまり、上から下見しすぎると魅力的なガバに手を伸ばしがちだけど、左手の少し上のガチャガチャを抑えた方が安全かな。

何とかトップアウトを果たした後、堪らない達成感から声にならない声が漏れだして、自分でかなり気持ち悪かった。


登った。我ながら良く頑張った。

合計、5日?執着して取り組んだ甲斐があり今シーズンでの完登が出来ました。
素晴らしい課題!やったー

時刻は10時過ぎ。帰るには早いので帰り際、種まきをすることに。

【眼鏡:初段】敗退
核心の遠い左手出しを練習。右足を角、左を左のクラック沿いに置くと、切れずに止められるかも。
まあ、一緒になった人達の丸パクリだけど。
止まるかも~ぐらいで、最初からやってみたら、全く持ち感が違って全然できない。
飛び出しの際の右手サイドガバが揺れていたけど気のせいだろう。あれがなくなったら出来ないな。

【彩雨:初段】敗退
何か、今日は調子がいい気がしたので、 連日敗退の駅近課題をさわってみる。
初手取って、リップにバーンのムーブでおとしたいけどどうにもリーチが足りてない。
そうでなければ、悪いカチで体をねじ上げて体を壁に入れきってリップという、辛さと見た目のコスパが最高に悪いムーブになってしまう。(一般的なムーブっぽいが)
また気が向いたときにやってみよう。



裏御岳は日陰は涼しく、コンディションも良かった。ただ、虫がかなり沸いてきていてそれなりの対策は必要かと。
(表?)御岳は凄い暑さで、日向の岩は多少陰ってないと本気トライは難しいかな。
何せよ、惚れたラインを落とすことができて本当に良かった。

裏御岳2018.5.1

GW中の平日でホリ快がなく、レンタルマットも9:00オープン。

ミジラ終わったら、田中君行きたいけどちょっと距離ありすぎ。

ということで、青梅界隈でニコニコレンタカーを借りる作戦。

これで端から端、というより別エリアまで快適に移動できるはず。

と思ったら、南武線が人身事故で運転見合わせ。

1時間遅れで岩場に到着する。雲行きが怪しいな。

 

【ミジララテスタ:初段】敗退

朝つくと、前来た時より緑が茂っている?

虫が増えてきたのもあって、そろそろシーズンの限界を感じる。

岩は乾いているが、気温が高いのと風がないの不穏な空気をさらに重くさせる。

 

取りつき始めて何便目かで、下部を脱出して上部に差し掛かる場面まできたが、わずかに手先がぬめり降りてくる。

高さが高さなだけに、持てるものが持てていないとムーブを起こせない。

結局、まだマシだった午前中のコンディションで登れず、午後のSFTにかけることにして大レスト。

 

最後の一便、集中して登るがリップ間際で指が開いてきてフォール。

同時に時間切れで撤収。

 

ついてない一日だったな。

小川山2018.4.22

合宿2日目。岩根山荘の朝風呂はやっぱり気持ちいい。前日の疲れもあまり感じず、何か調子良さそう!
しかし、日差しが強いので今日はあんまり成果も期待できないのでエンクラ気分でコニタン一行に着いていく。
仲秋やらありがとうをやるとのことで、前回ド敗退だった犬小屋を触って一段落着いたらヒッパルコスなど触ってみよう。
虹の入江のとなりの8級かなんかをアップでさわってみたが、手の滑りが気になりすぎて降りてきた。
心配のない低いのをやるか。

【犬小屋:二段】敗退
スタートを右手手に足ヒールでトライするがしっくり来ない。左手がクロスぎみになるのがダメなんだな。早々にゾエ君の教えを乞うと、左足をカチにヒールして正体で出たらしい。確かにしっくり来たので採用。
左手を経由カチを使ってカチへ飛ばす。サクッと行けた。
右手をスローパーに出すと、何だか止まる。
コニタン、岩田丸、ハッシーとみんな苦労していたけど、リーチの関係かな。
あらまあ、可愛そうに。たまには長すぎるリーチで泣いてくれ。

そして、リップの一手を止めたらボーナスステージ突入なのだがなかなか距離がでない。
試行錯誤していると、右足のヒールを高めにかけると少し距離が伸びた。
あともう少しは上半身の引きしかないな。

レストを挟んで落としにかかる。
思いがけず進むもんだから、トライを何度かするが
どうも同じくらいで届かない。
みんながありがとうに飽きて移動しそうだったので、撤退。
昼間の悪い時間にやる課題ではなかったか。

【YMルーフ:3級】再登
あまりに悔しいので、YMルーフを落としてやった。コツがわかればもう落ちないな。
youtu.be


【分岐岩:右4級】完登
石魂に向かうものの、人が多すぎてゲンナリ。みんなヨレてやる気もなかったので、分岐岩に移動。
MNPを1便出すが、完全にヨレていてただただ恐怖しか感じなかった。
みんなで泥仕合と側面のスラブで遊ぶことに。
左から5、3、4級とあるようなので4級にトライ。
みんな苦労しながらも登っていく。
ヨレると不安になって手汗の分泌が凄いので、上部をこなせない。そんなこともあろうかと腰付けチョークバックを取り出して頑張って登った。
スラブなのに足に頼れないとか最悪だ。


その後は靴を穿こうとすると腹筋がつるので何も打てなかった。ここに来て、お昼を取って終了。

去年ほどの成果はなかったが、楽しかったのでよし。ただ、コンディションがあまり良くなかったのが心残りだな。
次回は犬小屋と石魂の回収に走ろう。

お疲れ様でした。

小川山2018.4.21

今年も恒例、ジム合宿一日目。

例年通り、小川山を蹂躙に参ります。

5時前ピックで、8時半ローソンといういつものスケジュールでGO

今回も楽しく、登ろう!

 

【縦ダイク:初段】敗退

総勢16人の岩基地外たちが駐車場から解き放たれる。

散り散りに各々の目指す課題へ向かっていく。

まずはと、縦ダイクに取り掛かる。

 

縦長の岩を直上という、ストイックな課題。

見栄えもよく素晴らしい。

初手は何度かこなしていると止まるようになるが、二手目が止まらない。

よくよくみんなのムーブを見てみると、単に保持だった。

早く力技が使えるようになりたいなー、力不足を感じ敗退決定。

 

キノピオ:3級】敗退

漠然とヘブンズゲートにトライしたいと話すと、まずはキノピオやってからにした方がいいと薦められたので触ってみる。

しっかり入ったクラックを登っていく課題だが、3級なのでホールドは顕著なのでサクッと進む。

しかし、手を出す度に指がクラックにスタックする感じがとても嫌な感じなのでそんなにトライせずに撤退。

んーかなりモチベーションを削られた気がする。その後もヘブンズゲート、エイハブ船長を触るも全く集中力に欠いていたためなかなか気分にならなかったため誰かの触っている課題にお邪魔することに。

 

【芋掘り:1級】完登

公然猥褻カップルにちょっかいをかけつつ、芋掘りを薦められたのでやることに。

エリさんがトライしてたのでお邪魔してみる。見てみると、一手物コツモノ課題だな。なんだか楽しそう。

スタートで右足を遠いスタンスに乗せて、気持ち悪い体勢から立ち上がるのが唯一の核心。

遠いスタンスで何度かやっても何ともならなかったので、踏みあとのある近いスタンスもひとつづつ試してみた。

何か近いスタンスを踏んでると、足に落ち葉が絡み付くので除去しているとその中にまた踏みあとを発見!

物は試しとそのスタンスで始めると出来ました!

だから芋掘り?何にせよ登れて良かった!

youtu.be

【ジグザグ:二段】敗退

そろそろ移動と、あんまり目的もないので一緒について行って石楠花へ。

ずっと宿題になってる瞳の奥を見るとゾエ君のマット。本人はいない。流されたのかな?とあまり気にせず、岩の状況を見るとあまり良くない。

進展無さそうだったので、スタートのホールドがガバのジグザグを触ってみる。

 

スタートから順調に左手が核心前のスローパーまで出る。しかし、そこのマッチが出来ないな。ただ、コンディションも相当悪そうだし、次回からはこっちをさわろうかな。

 

 

いつのまにやら時間も夕方で、撤収の時間になった。

最近、御岳ばっかで昼過ぎには引き上げるからここまで長い時間打ってたのは久々。

 

いつもの岩根山荘で男露天風呂芋洗いして豪華食事を頂いた。

そのあと、公然猥褻カップルをいじり倒して宴会終了。あんまり調子は良くなかったが、布団にはいる直前まで楽しい一日だった。

裏御岳2018.4.14

嫁の機嫌を伺いながらマウンガ二枚借りして一路、おにぎり岩へ。
8時過ぎ着の御岳で何とかおにぎり岩着が8時代という感じ。我ながら中々執着してるなぁ(笑)

【ミジララテスタ:初段】敗退
左手の小さいカチを取るところ(4手目)でヨレ落ちした前回、フレッシュならばとトライ。
予定通りそこはきれいに通過した。
遠いという噂のガスに関しては、左手をチクチクで寄せて左足を2手目カチにあげるとスタで入れた。
これは!と思ったのもつかの間、左手をリップ奥カチに寄せても足がなくて体を持ち上げられない。
無理ができる高さと手応えでは無かったので、少しクライムダウンして降りる。
それでもかなり怖かった。
下からマジマジ見ると、ガバガスに足を上げないといけないのかな?
ヨレて再現できず敗退決定。

この時期、午前中はまずまずのコンディションだったが、正午を過ぎると細かいカチ達に滑りを感じた。
午前中勝負だな。

裏御岳2018.4.8

土曜の瑞牆が中止になり、ジムでヨッシーを見つけたので半ば強引にミジララだけを打ちに御岳へ。
マウンガでマットレンタルして、裏御岳へ移動。
鵜の瀬を越え、ロッキーを越え、寒山寺を越え、裏御岳着。以外に、遠くなかった。

【ミジララテスタ:初段】敗退
前回、3手目カチ(右手飛ばし)がずぶ濡れで、それ以上進めず敗退したので確認がてらトライする。
件のカチに2本指がかかるが、パツパツで動けない。
今日の相棒はアグロ君しか持ってこなかったので、次回、背が伸びる靴(硬い靴)で再チャレンジを誓う。
意外にリーチに泣かされる岩だった。
リーチはどうにもならんので、靴に頼ろう。
それにしても、美しいフェイスだ。必ず登りたい。

ヨッシーが結構、進んでスポットに入っていた時、「マットもっと岩に寄せて!」と言われ、少し寄せたら岩に遠い淵に落ちてきた。
あぶねえ、正しいランディングポイントの予測ができないと怪我するよ。
なんにせよ、怪我無くてよかった。

昼過ぎには、撤収して7でストロングゼロを買う。
これだから登れないのは、わかっているのだけれど・・・。