カツヲの岩日記

クライミング覚書。

瑞牆2019.3.16

前日までさんざんな天気予報だったけど、強行で突撃するとむしろいい天気だった。
メンバーはカズ君、アキさん、グッチ君。
晴れ男カツヲの名を欲しいままにした。

【エレスアクベ:二段】敗退
空いている時に打ちたい課題。
前回は左カンテに届かずに終わった。
今回はムーブを変えて、ニーバーで右カチを上げてから左のカンテを触れるが、右の負荷が大きすぎて耐えきれない。
ニーバーを左寄りにしてフラッギングで出すムーブに希望を感じたので、次回はそれでやってみよう。

百里眼:1級】敗退
みんなが阿修羅に行くというので、小さなマットを一つ借りて百里眼を打つことに。
誰もいない百里眼の前に立つと、前は一面の雪。フェイスの美しい課題だったので、ふとノーマットで登ってみたくなった。
嫌な感じに岩があるが、それ以外の下地は概ね良好で、高さもそんなになくスタート用の小さな足ふきマットのみでトライした。
左右のホールドはとてもよく持てたが、飛び出しの際に凄まじい緊張感が襲ってくる。
落ち方を想像すると、左手出しは危なく感じたので右手だしを選択。
一度目の発射で左足のかかとを、岩に打ち付ける。
萎えかけたが、要領は分かったのでトライを続けるが、完登はできなかった。
一度、静寂の林の中にリップが止まるパチンという音が響く様は、とても荘厳なことに思えた。

登れなかったのは残念だが、必ずノーマットで登ってみたい。
恐怖とか緊張感もそうなのだが、一番ノーマットで困ったことは、トライのたびにシューズが泥まみれになることだった。
今更感のある課題、百里眼とカラクリは次回必ず回収したい。

瑞牆2019.3.10

今日はカズ君が急遽仕事になり、ウルイ君と二人で瑞牆へ。
ウルイ君ちから1回曲がっただけでピック場所についたらしい。
近っ。

【B岩:初段】敗退
バラシは何となくできてて、きれいなフェイスなので登りたいなと思っている課題。
スタートの足を探して、ここが良いよ!とお勧めするとさらっと登られちゃった。
やっぱ強いな。

少々、よれてきたので見たかった課題「ネズミオン」の岩へ。
上に雪が残って、滴っていたので回避。
というか、スタートがあからさまに出来なさそう。
出直して来よう。

ウルイ君が、限られた時間をバラしているというのでしばらく打つことに。
遠目からわかる悪い奴やん!
とはいえ、食わず嫌いはよくない。取りつきます。
どっかぶりバンバン系は私、向いてません。
結局、ヒールからの右手飛ばし(バラシのバラシ)以外、全く何ともならずにウルイ君のトライを見守ることに。
みるみるよれて高度が下がっていく。
これはきつい。
最後のトライで核心までたどり着くも、トゥが浅く無念のフォール。
とても惜しい。

そんな限られた時間を過ごしながら、思う壺を見に行くと完全に氷で閉ざされていた。
こんなことになるんや。すげえな自然。

大面はここより上はまだまだ雪が残っているようなので、下って別の課題を打つことに。
猫頭ントルか皇帝岩か。

【猫頭ントル:初段】敗退
去年の秋ごろ?春先?に来て状況が良くなく敗退した課題。
下地が平らでやりやすいので、二人でトライ。
とりあえず思い出そうと登ると、核心まで到達してしまった!
こ、心の準備が!と一旦降りるがなかなかの高度感。
上部のマントルで、いろいろ探すが何もない。
二人で仲良く敗退。

二人で行ったので交互にトライすると、まあまあな便数は出していて、二人満足したので帰宅。
たかねの湯、境川によっても8時過ぎに自宅にいた。
なんて健康的。
またウルイ君とも行きたいな。

三宅島2019.2.22-24②

朝からシャワーも浴びて、いざ出発。

課題数も多そうな立根ボルダーに向かうも、下地が2m程下がってハイボール化したり、岩が折れてたり、
岩が動いて無くなってたりとすごい状況なので別のエリアへ。
※どの課題がどうなっていたかは別途、追記します。

穴シリーズ3課題がある、サタドー岬に向かう。なかなか過酷なアプローチだった。
穴シリーズは打てるが満潮で波を被っていたので残念ながら打てなかった。
比較的、課題が無事との情報があった富賀浜ボルダーへ。

富賀浜ボルダー駐車場は何やら盛況で、クライミングシューズ片手にエリアに向かう人もいた。
というのも、昨日(2/23)は三宅島ボルダリング大会でコンペクライマーも多く島に来てるらしく、船が来る前に外岩を打ちに来ている模様。
エリアの奥の方に何やら、集まって打っているようなのでそこをめがけて移動。
遊歩道が切れてからは、大きな浮石もあり結構大変だった。

エリアに着くと、なんと平山さん、室井さん、大西さんなどレジェンドクライマーが!
三宅島クライミング協会の方に伺うと、開拓中とのこと。
時間もないので、開拓ほやほやの1級を打ってみることにしました。

【課題名未設定:1級】完登
右足を上げて、左のカンテをプッシュで乗り込むのが楽しい課題だった。
ジョンも最後に登って、全員成果あり。本当に良かった。



室井さんの二段初登も生で見れて本当に貴重な時間だった。
NMスタイルの室井さんの登り方は、本当に丁寧で美しかった。
あれが外岩レジェンドの登りか。

時間も迫ってきたので、皆さんに挨拶して撤収。
港での船待ちの時間で、三宅島クライミングTシャツも買えたし(cafe691)、サバサンド(錆が浜港)も食べた。
というか、風の状況によって出航の港が変わるのね。知らなんだ…。
サバサンド、ボリューミーだし何よりめちゃくちゃ美味しかった。
カズ君とジョンは残念ながら売り切れで、カレーを食べたみたい。それも美味しそうだったな。

帰りの船は、延々飲んでカードゲームしてたら一瞬だった。
楽しい旅が終わるのか、かなり寂しい気持ちになった。

三宅島の島民の方たちはマット背負ってると、気さくに話しかけてくれて本当に温かい人たちばかりだった。
釣りも良さそうだし、泳ぐのも楽しそうだな。
ありがとう、三宅島!次は二段を落としに来るぜ!

三宅島2019.2.22-24①

カズ君、コニタン、O橋さん、ジョンで今回は泊りでの外岩。
行先はなんと三宅島。出発一月前から楽しみだった!
22夜の竹芝発の橘号に乗って一路三宅島へ。
小学生の修学旅行のように、おっさんたちは船内ではしゃいでいました。(もちろん、迷惑はかけないようにしていました。)

4:45三宅島伊ケ谷港着。
5:00到着の予定だったので、4:45に目覚ましかけてたのに起こされてバタバタ。
波が強い時もあるから、到着時間は目安なのね。ふらふら船を降ります。
しかし、夜明け前の早朝で天気は雨。
しかもしっかり振っていて、これは観光もできないので休憩所でもうひと眠りすることに。

7:00空は相変わらずの厚い雲で覆われていたけど、すっかり白んで雨足も途絶えたので岩が乾くまで観光することに。
何となく反時計回りに島を

【メガネ岩】
厳しい波の浸食でぽっかり穴の開いた景勝地
平山氏が最初に写真撮っていた場所だ。

【阿古小学校跡地】
自然の驚異を大迫力で感じる。三十年という期間は、自然の時間としては短いと思うのだが、
固まった溶岩の割れ目から草木が生えるのを見つけ、自然の力強さを垣間見た気がした。

【大路池】
噴火口に水がたまった、所謂カルデラ湖。
車で入れはするが険しい道のりで、道中が木々の茂った薄暗かったが池の周りだけ開けて明るかったのが印象的だった。

【椎取神社】
こちらは溶岩ではなく、土石流ですっぽり埋まってしまった鳥居。
溶岩も恐ろしいがこういった災害にも見舞われ、そしてそのどちらも乗り越えている島民の方はとても逞しいなと思った。

ちょうどほぼ一周、伊豆岬に着いた頃には、雲も一切なくなり岩を探すことに。
探すこと30分超。発見!早速、マットを持ってきて登ることに。


【穴議会:6級】【イズドイ:3級】【P:3~4級くらい?】完登
イズドイより穴議会の方が悪かった。Pはそれぞれ思い思いのラインで登ったので良くわからない。すべてオンサイト。

【ミヤケネブト:5級】完登
トポに「初手の左手取りが悪い。」との記載あり。初手右手から行ってすぐ終わったので、初手左手パターンでプチはまり。
体感1級以上…。ジョン風に言うと「出にきぃし、持ちにきぃ」(何弁やねん)

【穴議長:初段】完登
穴感の無い課題だったが、リップ前の中継穴のことかリップ上の大ガバポケットのどっちかのことなんだろうな。

【穴村長:初段】完登
見た瞬間行ける!と思ったがまずまず打った。全体的に岩がが脆く、ポケットは何回か剥がれたし、
最上部は持ち感が軽い感じがしたので静過重でトップアウト。


穴村長が終わるころには、もう4時頃。みんな昨晩から遊び倒しているのでさすがにお疲れモードで撤収。
宿泊はホテル海楽へ。
夕食の品数の多さと、お魚のおいしさに腹いっぱい食べる。
地元の人も飲みに来るレストランのようで、アットホームな感じがとても居心地がよかった。

部屋でジョンの悪口を言いながら就寝。

二日目へ続く。

KTG2019.2.16

今日は初めてのKTGボルダー。
アロ君、グッチ君、初めましてのS氏と共にアプローチスタート。
穴、筋、溝のある岩に向かう。

【重箱の隅:初段】敗退
まずは看板課題の穴をみんなしてトライするが、塩原の千の時と同じ、イメージ出来なさで早々に課題を変える。
フェイスの縦カチで、体を持ち上げて右手をポケットに出す初手核心の課題。
足の場所、置き方は序盤で固めるもののポケットの保持が出来ず敗退。
意外に腰にダメージを食らった。

【甲羅:初段】完登
上流のボルダーを散策するも、岩が見当たらないということで戻ってきてのトライ。
見た感じ、御岳の水際カンテっぽい丸みをぺちぺち上がっていくような課題で、
出来そうもなかったのだが、トライしてみるとホールドがすべてポジティブであっさりと落とせた。
何が得意で、何が好奏したのか不明。
サイズ感?いや、アロ君はピンときてなかったからな。

甲羅初段

S氏が筋のランジパートでとんでもない落ち方をしてきた。
全員の玉が縮み上がった。怪我がなくて良かった。今回は、僕の三つ折りマットがMVPだ。

【うに:1級】敗退
隣の課題。
縦に走った棚で体を持ち上げる課題だが、右ひじの故障とピンチ力のなさから手も足も出ず。
よれているのも多少あるかもしれないが、決定的に足りない何かがあるな。
重箱の隅と溝が終わったら、触るかも。

帰りに石松餃子を食べる。
美味しかったが、今度来るときはもう少し早めに出て並ばないくらいに食べたい。
餃子も美味しかったけど、炒飯も犯罪的に美味しそうだった。

S氏はとても気さくな人で、車内もセッションも大いに楽しかった。
なんとジムのN氏を始めてクライミングに連れて行った人らしく、S氏曰く「久しぶりに会ったら、バケモノになっていた。」
そうかー、長年やるとN氏的成長をしないといけないのかと思っていたが、やはり彼は規格外の人間だったのか。
そうはいっても、同じ人間だし何が違うんだろうか。体躯か精神か何かが決定的に違うのか、それとも少しだけ違うのか。
うーん。
ビールを飲んで考えよう。

三峰2019.2.2

今日は初めての三峰。
極寒と聞いていたものの、思ったより暖かく過ごしやすかった。

【奇妙な果実右:2級】敗退
アップもかねて2級のパートにトライ。普通に悪かった。
上部のリップまで進むが、滑っていてそれ以上突っ込めなかった。
高さもありスリリングで、登れたら嬉しかっただろうに。

【ペタシ:初段】完登
面白いと噂だけは聞いていた課題。なるほど、スラブつるつる系ね。
初手の良いところまで左手を上げるのが最大の肝でした。
悪い足が抜けないように、右左と順に悪い足で体を上げていく。
足選びと踏み抜かないスラブテクが試される課題でした。
傾いてグレードダウンしたと聞いたが、課題自体は外岩屈指の面白さだと思う。
今度来ても登りたい課題。

ペタシ初段


【涼しいマントルSD:初段】完登
比較的登りやすい部類の初段かと思う。
個人的核心は、スタンドスタートの4級スタートに右手を出すときの体勢作り。
練習では踏み替えで対応していたものの、通しの時は見事なフラッギングで解決していた。(謎の現場判断)
その先の飛ばしで右手が一度切れたが、ナイス体幹で踏みとどまる。
そのまま、リップにランジしてトップアウト。
ランジのコツは、飛ぶ先の真下に入ることと右手の持ち感だな。
ワンデイのわりにきれいに登れたんじゃないかと思う。

涼しいマントルSD初段



次回、三峰に来たら一輪車と池田カンテをやってみたいな。

御岳2019.1.26

積年の因縁課題「エゴイスト」が終わったのでとうとう「遼」に着手できる。
まっすぐロッキーボルダーに向かう。

【遼:二段】敗退
一日で終わらせると気を吐いていたがやはり二段は二段だった。
以下、手順メモ
初手:アウトサイドフラッギングで左側カチ(スタート左手真上あたり)
2手目:右ラップ(スタート右手上)
3手目:左手カチクロス
4手目:右手カチ取ってからレイバックで右⇒左の順に足を上げる
5手目:右手飛ばし(中央カチ)
6手目:左手寄せ(4手目カチ)
7手目:右手奥のカチ
8手目:左手寄せ(5手目カチ)ここで右⇒左の順に足を上げる
9手目:左足に乗り込んで左手薄カチ

ここまで進んだ。


【チョーエゴイスト:二段】敗退
遼で疲れたので、少し浮気。
2手目までが辛いとの前情報で取り組んでみると、初手が取れた。
しかし、動くにはつらいし2手目のアンダーが遠い。
左足を上げてバランス取れるか?
スタンドスタートのエゴはカチを使ったのでチョーエゴはカチ封印と思ってスローパーに出るのを練習。
普通にできそう。上部は必殺のスタ止めがあるので、再現率高め。

チョーエゴのほうが先に出来るかな。