Chicken Climber Blog

クライミング覚書。

デッドエンドと鵜の瀬と蟹と

昨日、日付変わって一昨日は御岳に一人で出掛けました。

例のデッドエンドを落とせる気で行きましたが、やはり敗退。
実力不足を痛感した一日でした。

忍者にいこうと川沿いの道を下って向かいました。
対岸にガン混みの忍者岩で少し萎えました(笑)

途中の鵜の瀬岩に取りついて、鵜に挑戦しましたが、おしりが浮きませんでした。悔しく思い、立ち鵜を再登しましたが、何をもって1Qか解らないくらい簡単に落とせました。

鵜の瀬大トラバースにチャレンジしましたが、前半キツすぎでヨレヨレになってしまいました。

そんな状態で忍者岩で忍者返し再登。カチ取りが安定してきました。味噌は左手の持ち方?かもしれません。親指も含めて巻き込むように持つと体重が上手く右に移動してカチが止まります。
あのカチは届けば止まるわけではなく、重心が大事です。手が届くより、いい角度でもたれるのが止まるのだと思います。方向的にはサイドカチの気持ちで右にもたれる体勢を作るのが肝です。

忍者返し再登してから、蟹の下部に取り組みましたが鵜の瀬で吸われた体力は戻りませんでした。

今度は直で蟹です。

今週末も行きたいなー。