Chicken Climber Blog

クライミング覚書。

小川山2017.9.9

今日は始めての面子も含めて小川山へ。
金曜からの晴れで、最高のコンディションを期待して駐車場着。
個人的には最初に瞳の奥に行きたかったけど、周りに合わせて犬岩へ。
みんなで行ってるし、シーズンは長いしね。焦らず楽しまなければ。

【犬小屋:二段】敗退
初手取りに苦戦・悶絶。保持力か体幹か、両方不足しているのか。
相変わらずのお買い得しっぺ返しを食らう。
初手取ったていからは、何とか出来そう。
ヨレ後のYMルーフとかはあまり考えていないんだけれど。

【虹の入江:初段】敗退
1.5年前、足上げがどうにもならなかった記憶。少なからず、核心までは進むはずとトライ。
同じところでフォール。蛇の目と同じく、あまり相性がよくないのか。。。
お目当て課題ではないのでそこそこに戦略的撤退。

【石の魂:1級】敗退
この岩は、ホールドを覚えていられない。備忘録として書き残しておこう。
スタート:左手下カチ。左足は黒くなっている部分の5cm左側。右手上部カチ。012の指でつまみ3の指で粒を引っ掛ける。12の指で押し、左足に乗り込む。
初手:中指も入らないポケットにガスで入る。はがれ止め、右足を良い所にあげる。
二手目:所謂スプレー持ちのガチャ。右足にしっかり乗せ、腰を落とす。左手は顔より後ろに来るイメージでスタで縦カチを探る。「当たった!」と同時に体を左側に投げ出して効かせる。
ポケット:効かせた右手と右足ではがれないようにコントロールし、左足を遠い粒へ、体が安定したら内側のカチに寄せポケットへ左出し。(その際、スプレーの親指は外した方がいいかも)

次落としたい。

【瞳の奥:二段】敗退
ヒールまでのムーブはほぼ自動化。
コツとしては、
スタート左足:奥まで突っ込む。切れないよう継続的掻き込み。
初手:スタート姿勢が安定してから出す。叩いたら手前に引く。
足換え:腰を落とす。左足を押し付けるように外す。右足は8時の方向に押し付ける。奥の極小エッジに乗るイメージ。
ヒール:ち○こを川側に向ける。スタっぽく出る。
乗り込み:左足を掻き込むと切れるので、左手のプッシュで乗り込んでいく。

乗り込みはこれで解決できるのだろうか。初手マッチも試してみたいところである。

【花鳥風月:2級】敗退
瞳の奥がヌメってもうだめだと、近場のマイナー課題に取り付いてみる。
凄く悪い。みんなでセッションしたものの完登者出ず。なかなか面白い課題。
今度もやってみよう。


シーズンインといっても、メインのフリクションはまだ感じられず。
今度来た時は、「烈風」「シバライン」「流星」「ストレンジデイズ」「時間の彼方」「縦ダイク」「弐泣」など触ったことの無い課題を触ってみたい。
なんか、マイナー課題に寄ってる気がするが、色んな岩を見て触るのも楽しいのである。