Chicken Climber Blog

クライミング覚書。

御岳2017.9.3

土曜の朝まで雨予報だったので、日曜に変更して御岳へ。
親友ヨッシーと二人、最後の種まきのつもりで突っ込んできました。
目の前までいかなったけど、忍者水没の情報は得ていたので沈んでいなさそうな岩を選んでやることに。
「私の家」をやりたくて、まずは袂岩へGO!

【私の家:二段】敗退
初手は練習次第で何とかなりそうですが、パツパツで動けない。
厳しい。。。
種蒔きどころか、土すら見えていないそんな感じでした。

【私の見栄:1級】再登
早々に家に敗退し、動くのも面倒なのでと取り付きました。
ヨッシーも僕も、上側をトラバースするバージョンは、昨年の秋ごろ完登したのですが、アップがてらに下バージョンをやってみました。
上バージョンは、遠いホールドを激モチすれば何でもない課題だったのですが、下バージョンはクライムダウンあり、ビリーブありと充実した内容でした。
いつも思うのですが、この岩はTOしなくていいですよね?降り方がわからないから、危ないので控えておりました。
カンテのガバを取ってから、足にマットをぶつけられました。
なんてひどい奴(笑)


先立って、落として後はヨッシーの応援。
5便くらいクライムダウン部でフォール。セッションは楽しかった。
何とかヨッシーが落としたのを見届けて、次はどこに行こうかと相談したところ、田中君に決定。
ブログで道順確認してからいざアプローチ。

デッドエンド過ぎて15分くらいかな。遠くではあるけど、舗装された道路だし思った以上に楽に到達。
目の前が小川で、木の陰に強傾斜のスケールのでかい岩。乾きにくそう。

【田中君:初段】敗退
初手は、右カチをデッドで出しに行っていたが止まる気がしない。
色々、スタンスやキョンを試すも及ばないのでどうにかならないかと、スタート近辺をじっくり観察。
よく見ると、スタート真上のクラックにうっすらチョーク跡発見。触ってみるもなかなか持ちにくい。
縦長のクラックなんてどうやったらもて・・・!!
次トライ、ばっちりジャム極めてやりました。
ジャムで体を引き上げれば、さっき届かなかったカチに手が届きました。
左手を持ち感のいい膨らみに送ってから、ガバアンダーへの一手が今日は無理でした。
ヨレてるのと、アンダーから染み出しが酷くてビチョビチョでした。
後は、触ったことのないリップですが、おそらくそこが悪い。
また誰かと来よう。