Chicken Climber Blog

クライミング覚書。

宇目2017.7.23

夏休みを利用して、嫁の実家の大分に行ってきました。
主目的は外岩ではもちろん無く、後述しますが大事な用事があったわけで。。。
大分市内からレンタカーで1時間半程度にある、宮崎との県境付近の宇目。
近くにキャンプ場・道の駅などもありキャニオニングなんかもできるそうです。

大分のボルダリングジムにて、マットレンタルできたので取りに向かうとなかなかフレンドリーな店長さん。
「宇目は蛭が出るから気をつけてね!」
とのこと。。。
蛭とか怖いし、気持ち悪いな。

宇目の道の駅「ウメリア」から5分ほど南下して、赤い端を渡ったところで右折。
旧道に入って行きます。
この旧道がえらい狭い。
大丈夫かと思いながら、なんとかエリアに到着。
北から向かうと、入口ハングの岩が右手に見えます。残地シートがあったり、少し開けているのでゆっくり走ればわかると思います。

到着。
入口ハングの岩の「マエストロ」初段だけ触ってと思っていたのですが、どうやら初手ガストンがごっそりなくなっているよう。
これは、初段では無くなったと思い。別の課題を触ることにしました。

【銀翼:2級】敗退
スタートが浮けない。
砂岩なのでフリクションは良好なものの、欠けやすいのか。
上部は問題ないけど、一人で打つには大きすぎる…。
これは戦略的撤退。

【ムササビナイト:2級】敗退
スタートからカンテまたいだカチまではたどり着くものの、奥側スタンスの向きが悪い。
足首が固いのか、はたまた別のスタンスがあるのか。
あまりモチ上がらなかったので移動。

【ほろにが:2級】完登
傾斜を猛烈に食らうパワーな下部、不安定なスタンスからデッドでリップを掴む課題。
下部の自動化に結構時間がかかりました。
何はともあれ、これで坊主回避。

ほろにが2級


【少年老い易く岩登り難し:1級】敗退
奥まったハング部分からの飛び出し一手物課題。
飛び出しの際にマットに足を摺らないことが核心。
ちょうど飛び出しの際の背中に岩があり、手持ちのマットでは厳しいと判断し早々に退散しました。

【とどのつまり:3級】完登
ネットにあるトポではスタートが隣のラインのガバに印が。
そこからこのラインは到底登れる気がしなかったので、よく見ると高いアンダーガバからスタートと書いており解決。
上部の足上げが辛く感じたが何とか完登。
これ以上ないくらい疲れたので昼過ぎに撤収しました。

とどのつまり3級


帰り道、唄げんかの湯によりスマホを見てみると、破水したとの連絡。
25時間に渡る長いお産でしたが、母子ともに健康で何よりでした。
父になったことで、クライミングより育児とはならないクレイジーな思考回路ですが、何とか両立して、いつかは息子と外岩行けたらいいなと、そんな野望を抱いています。

宇目もまた来たいですし、日之影や八面山なども足を伸ばしていってみたいです。