Chicken Climber Blog

クライミング覚書。

小川山2017.7.8

週頭での天気予報は雨なので、出来れば御岳玄関岩の水上トラバース3級をやろうかと考えていましたが、他にも同乗者がいるので急遽小川山に変更。
前日は定時ダッシュで早めに寝て体調を整えました。
「仕事<クライミング」の理想的なクレイジークライマーと化してきました。

天気はなかなかでしたが、駐車場到着時は結構暑かった。一応持ってきたフリースを車内に残し、まずは哲学岩に向けてアプローチ開始しました。
初めてで少し迷いつつも、哲学岩到着。
先客が2名ほどいましたが、まずは岩の状況をチェック。
濡れている・・・。
ちょっとアップをと、とりあえずひとつ上のスラブとマントル5級に取り組む。
2週ぶりの外岩で腰が引きつつもなんとかスラブ2課題を完登。
マントル5級は、持ちどころやヒールの掛け位置などいろいろコツがあり面白かったです。

さて、一度触ってみたかった八月をみると数人でのセッションが始まって込み合った感じ。
どうせ濡れてるし、空いてそうな石楠花エリアに移動しました。


【瞳の奥:二段】敗退
宿題の中でも、可能性がありそうな二段。四の五の言わずに取り組み開始です。
初手は安定し、足換えも順調。コツはポケットに対して奥側に横気味に足を置くということでしょうか。
両手共に悪くも無いですが、キャンパできるほどのものではないため腰を落として入れ替えをすると比較的やりやすい。
しかし、低すぎると狭くて良い位置で置けないので、落とし過ぎないことが必要かと思いました。
ヒールも少し体が上にあった方が狙いやすく、後のムーブも安定するかもしれない。
左足のヒールがかかり乗り込み開始の際は、右足が残っていると腰が離れるので出来れば切りたいところ。
岩のフリクション、特に左のポケットが今日は悪く感じました。左手がもう少し楽なら話は変わりそう。
次回、試してみたいところです。

コンディションもあまりよくない中、コニタンが神の瞳を落としたので、ファンタジー岩に移動。
到着とともにゴロゴロと雷の音が・・・。別部隊からビクターは本降りとの情報でした。
大丈夫かと思いつつも、マットを広げてトライ開始。
30分くらいで雨は収まり、存分に打ち込めました。

ベヒモス:1級】敗退
あんまりやったこと無くて、おそらくDay2。バラシは終わったが繋がらず。
スタート左足はあまりよくない窪み。左奥を踏みたくなるところをこらえて中央を正面からスメアっぽく押し付ける感じで踏む。
体を出した状態で初手取り、真ん中より下の深いガバを持つ。
左手に足でヒールをかけて右手スローパー取り。中央に結晶が横並びであるので、人差し指から薬指まで並べてできるだけ下引き。
左手を気持ちひきつけて、左足に乗る。右足のヒールを滑らすように解除してトゥに踏み変える。
左足を切って、左手でスローパーマッチ。体を引き上げて、リップのスローパーに左手飛ばし。思った以上に引き上げなくても届く印象。
左手を更に奥に飛ばし、右手をスローパーに寄せる。
後は、奥のガバでマントル返して終了予定。

リップスローパーへの左手が若干遠く、そこでいつも落ちてしまった。
次回で回収できる。

【Scoop on somebody:3級】完登
因縁のDay5。初段を落としてからのDay5。
足首を固定するのと、スクープでの両手プッシュで解決。
いい課題。楽しませてもらいました。

Scoop on somebody 3級

【ゴブリン:3級】完登
左手の初手、そして飛ばしが悪い。
スタートはトポによると「左手水平ガバ、右手カチ」なのでそれより下からスタートしてるしいいか。

ゴブリン3級



ファイナルファンタジーの下部は、クロスから体を返すのがかなりきつい。
逆のモルボルスタートからベヒーモススタートは足が良く、止まった。
次回は、キングベヒーモスとレインボーゴブリンでもやるか。


気が付けば18:30・・・。駐車場いつから宿泊扱いになるんだっけ!?



19:00でした!日が高いといくらでも打ってしまうな。

広告を非表示にする