Chicken Climber Blog

クライミング覚書。

湯河原2017.6.24

当日は晴れ予想なので岩には触りたい。しかし、夕刻からはお祝いの飲み会に行くので長時間は打てない。
近場かつ渇きの良い岩となると、「サンセットボルダー」しかないなと思いつきで行ってきました。

公園駐車場に着くと、じとっとした空気とドンヨリ曇り空で心配でしたが来ちゃったものはしょうがないとサンセットボルダーのアプローチへ。

緑に帰っていました。大地岩やヒールマンまでで草木を分け入り、フィックスロープのところからは(フィックスロープもツタと絡まって見つからなかったり)踏み跡すらなく過酷でした。
何度か行ったことがあったので良かったですが、初めてだと辿り着かないし、僕もこの時期は二度と行かないと思います。
何とか辿り着いたころには汗ダクで、まずはレストからでした。

ファンタジスタ:二段】敗退
スタートのスタンスが欠けたらしく、見ると確かにそう。
ただなだらかに窪んでいるので、ムーブ自体は変えなくても大丈夫でした。楽ではなくなりましたが。
初手のカンテスローパーを止めて、左のハング部すぐ上のカチを右手で抑えるところまでは安定してきました。
次の向きの悪いカチで、体が振られてしまう。
ここ以外は出来るのに。
コンディションはとてもよく、昼前くらいにはスローパーが日向になりましたが磨けばバッチリ効きました。
日陰のカチがぬめりがちになりましたが。

没頭して打ち、ヨレて高度も下がってきたので諦めて移動。
またシーズンに打ちに来よう。

【湯河原ジャンプ:3級】敗退
気になってはいたものの、中々機会がなくて出来ずにいた課題。
踏み跡がない中、岩の前に到達。
マット敷いてやったところ遠い。
足は何通りか試し、しっくり来るものを選びましたが、スタートのガバがベトベトで引ききれず。
暑いし、虫が多いしで早々に退散しました。

帰るには早すぎ時間で、もう上には登りたくなかったので桜岩に移動。桜岩ってこんなに遠かったのか。

【桜吹雪:1級】※限定使用
2年ほど前に、初めて湯河原に来て限定のややこしさに打ちひしがれた課題です。
棚が限定と思っていましたが、帰ってきてから知ってる人に聞くと、4手目のここまで限定との事でした。難しくするための限定って少し不満が残りますね。
ただ、体の流され方から左手は悪くても我慢できるはずなので可能性は大いにあると思っています。遠いので来ないと思いますが。

桜吹雪1級


【桜花:1級】※限定使用
左上のガバ郡は使わないという限定。3手目のカチが限定かどうか怪しい。
2手目と3手目の間にカチがあって、一般的にはそのカチで遠い右手を出すようですが、それしか使ってはいけないのであれば「このホールドで右だし」としてくれたらモヤッとしないのになあ。
もし3手目が限定なら、立ち上がってリップ取りがいいなと思っています。それも届きそう。

桜花SD1級


ダラダラしながらエンクラしていると飲み物が尽きたので、今日はあがることにしました。
今回、他のクライマーとは一切会わなかったので、最後の湯河原シーズンを閉じ、ゆとろの湯でホッコリしてから帰路に着きました。
来シーズンは必ずファンタジスタを落としたい。

広告を非表示にする