Chicken Climber Blog

クライミング覚書。

小川山2017.6.17

瑞牆が2週続いていたので、今回は小川山がいいなとそこはかとなく誘導したところ、優しい面々で特に問題も無く小川山に決定。
ありがサンクス!
談合坂にてスタ丼を頂戴する。外岩に行き始めてから、徐々に増えていく荷物に嫌気が差し始め、荷物の断舎利を観光した結果「山に入る前に食べとけば、ほとんど食べないんじゃない?」という結論に至りました。
ほぼ、最近のルーティーンではあるがもしかして最近の不調はそこにあるのかもと思っています。

実際、重い荷物はビデオセットで、特に三脚が一番重いです。ロッククライミング(第2号?)で「登る姿を撮影している人が多いのにビックリ」のような事が書かれていましたが、重くても撮影する理由としては2つあるかなと思います。
自分の成長記録をコレクションするためと、いつもどういうことをしているかを嫁に共有するためですかね(笑)

話を戻して、今回の目的は瞳の奥とニケの練習です。ついでに、ファイナルファンタジーのお買い得情報は正しいかの検証です。おそらく、いつものデマでしょうが。

ベヒモス:1級】敗退
ファイナルファンタジーの前にお触りするものの、モルボルより悪いのでは?と思わされました。
スタートの左足は体を出して正面から踏むと抜けずに出れました。
ヒールで二手目を出してから、さらに立ち上がるムーブができずに敗退。
二手目のフリクションが良くなく、時期を選べばできるのかなと思いました。

ファイナルファンタジー:二段】敗退
案の定お買い得ではありませんでした。
トラバース部分が遠い。モルボルの再登すらできず、きっちり跳ね返されました。
気持ちいい敗退。

モルヒネ:初段】敗退
モルボルの二手目カチまでが遠い&足が無く、敗退。
ただ、カチまでの良くわからないところが持てたので、落ち着いて足の置き場を整理すればできなくもないかと思いました。


モルボルの再登を果たしたのは、コニタンとツムツムのみ。リップの結晶が今日はぬめって悪かったな。
安定のScoop on somebody敗退も終え、粛々とパッキングして移動。
石楠花エリアへ。

【瞳の奥:二段】敗退
スタートしてリップをたたき、足を換えて・・・までは安定してきました。
しかし、ヒールがかからない。
前回の瑞牆から、ハイアングルを投入したのですが少しヒールが気持ち悪い。脱げそうになるし、チーファイの方が粘って良いんだよな。
道具というよりは、ヒールをかけにいくときの腰の位置が重要なんじゃないかと。
それと敗退してから、ほかの課題を触った跡の帰り際に触るとフリクション最高でした。
風吹き抜けるだけでこれだけ違うのか。
かなり、環境にされやすい岩でSFTの時を待つのも攻略の糸口かと思いました。

【ニケ:二段】敗退
前回はスタートできたのに、今回はスタートの姿勢にもなれず敗退。
カチがぬめってたのは事実だけど、不甲斐ない。
リップとってからのマントルを確認して終了。地道に触り続けよう。

【変人:1級】完登
ここまで、成果無しなので何かTOしたいと近場の変人をお触り。
合宿のとき触ったけど、動画撮らなかったし、完登で着たのか記憶も曖昧なのでもう一度トライしました。
スタートのコツは、足とポケットをセットしたら体幹に力を入れること。
そうすると、マットから数ミリ浮いて足側に体がふわっと動くので、注意深く初手をガバへ出す。
二手目の真下のカチは出せば止まるし、あとは7級くらいか。ハング部の足は以外に抜けやすいかも。

変人1級


その前日あたりに、扇岩2級をインスタのフォロワーの動画で見て興味があったのでヨッシーをつれて移動。
あーでもないこーでもないやってると、キム兄・ツムツム・コニタンが合流。
五人でセッションしました。ツムツム曰く、グロバッツより悪いらしい。
途中で、ジャバラ4級と左うちわ4級に浮気してTO争奪戦。
みんなでガヤガヤ楽しかったな。

最後に、裏側のウェーブ5級触るも敗退。
マントルを無理やり返すほどの体力は残ってなかったか。
そんなこんなで撤収の時間に。
ティルは明日も外岩らしい。
すげーな。

広告を非表示にする