Chicken Climber Blog

クライミング覚書。

瑞牆2017.5.20

帰れま10で久々の瑞牆へ。
GWでの恵那での散々の結果を受けて、何かしら成果が欲しい、それであればいけそうな初段を打とう!
いけそうな初段って何だ?カラクリだ!ってことでカラクリスタート。

【カラクリ:初段】敗退
久しぶりだけど、こんなにスタート悪かったっけ?
初手取りまでに5・6便出す。
リップに出てからは案外、サクッと思い出したんですが最後のガバに飛び出す前の右手ピンチがぬめって持てない。
悔しいけど、深追いはやめよう。後もあるし。

【日々の暮らし:1級】敗退
普通の日の合間に触って、感触の良かった記憶。
面白い課題なので、真剣に落としにかかりました。
最後のリップ取りを、左手のランジで決めようと何度も飛びつくも失敗。
ヨレヨレで最初からは出来なくなって、パー練で右だしを試すと1発で止まる。
やってしまった感が強い。

【花畑:初段】完登
このままではいかん。成果なしは勘弁と、巷にはびこるお買い得情報から花畑に向かう。
初めてのエリアで、なかなか雰囲気が違って気持ちがよかった。
取り組み。
初手遠っ!
リーチ無い民からすると、お買い得感は無かった。
ただ、チャボクラの成果が出たと思う。
ダブルトゥからの寄せは、一度だけ狙いをはずして落ちたが、二回目は止まりそのままトップアウト。
取り組みやすくは有るかな。

花畑初段


【羽音:初段】敗退
もはや、シューズもはけないくらい疲れた状態で岩探し。
花畑の向かいにすぐありました。
核心はスローピーな棚に足を上げる箇所かな。
面白い課題でばらしは出来たものの、疲れて敗退。


初段1本なら体裁は保てたかな。
カラクリはまた今度でいいや。と思った瑞牆でした。